31 20年2月号まんがタイムきららフォワード「スローループ」~マギレコは添えるだけ~

f:id:Mr_No_Name:20200227010217p:plain

きららファンタジアにて爆散中のナナシです。クリスマス桃、どうにか、どうにか…!

f:id:Mr_No_Name:20191225165632j:image

 

2019年12月26日22時24分

f:id:Mr_No_Name:20191227081850p:image
完 全 勝 利

 

 

 

 

20年2月号『まんがタイムきららフォワード

f:id:Mr_No_Name:20191226152417p:image

表紙に美しいマギアレコード。ゲームを少しだけやっていた身からすればこの漫画のキャラクターたちの頭身はおかしい

 

スローループ

f:id:Mr_No_Name:20191226153104p:image

この「重版出来」って何と読むか知っています? 「じゅうはんしゅったい」と読むらしい。知らなきゃ読めない漢字か…。

 

最新話 スローループ

シイラを釣りに船釣りに挑むひよりたち。

シイラ(鱰)

スズキ目シイラ科に分類される魚の一種。食用に捕獲され、ハワイではマヒマヒの名称で高級魚として知られている。正直見た目に美味しそうな魚ではない。

ありがとうWikipedia

ひよりと小春、恋はフライ•フィッシングでのシイラ釣りに挑みますが、本来川や渓流釣りに用いるフライでの、ルアーで釣るシイラの船釣りは苦戦必至。

f:id:Mr_No_Name:20191226155703j:image

亡き父が手にするはずだったひよりがフライでの釣りにこだわる一方、小春と恋は1度フライを諦め「泳がせ(生きた魚を餌として泳がせ釣る方法)」に移行します。

フライとはまた違った楽しみ方を見出す小春。たくましい子。

f:id:Mr_No_Name:20191226160811j:image

そんな小春に小春自身は気付かなかったけど初めてシイラがヒット。何とか船技師まで手繰り寄せ、恋パパが網で掬いあげます。

f:id:Mr_No_Name:20191227000401j:image

やっぱりイラストで見てもあまりおいしそうな魚には見えない。これでも高級魚なのか・・・。鯵とかの方が格上に見えるのは素人だからでしょうか。

その後に今度はひよりにもシイラがヒット、豪快に吊り上げようとしますが途中で釣り糸が外れてしまって結果無念の釣果ゼロ。いつかの釣りキャンプの時とは真逆の結果になりました。

そもそも釣れなかったひよりとフライで釣りたかった小春は、来年に再チャレンジすることを互いに約束します。

そして釣りあげたシイラ。釣りあげた魚は自分で調理出来て初めて一人前とどこかのクッキングパパも言っていたような気がしますが、シイラというのはデカいし川に菌が付いていたりと何かとさばくのが面倒らしく、一花はシイラを自分の友達の店に持っていくことを提案します。その裏で楓さんなる人が嫌な予感を感じたところで今月号は終了。

f:id:Mr_No_Name:20191227000423j:image

四コマ誌のほうは月に2作掲載とかできるけどストーリー形式の漫画だとそうはいかないからね。だからフォワードの漫画家はこぞってキャラットに行くのかしら。漫画を描きたくてしょうがない、みたいな。多分違うな。

 

「スローループ」や「ゆるキャン△」みたいなアウトドア系の漫画にハマるのって私の場合そのアウトドアに興味があるからなんですよ。最近気付きました。釣りキャンプしてみたいな・・・。でも釣りもキャンプもどちらも初期費用がかさむかさむ。おまけに他のことには活かせないし・・・。漫画で我慢しとこう。

 

付録:マギアレコードとドッペル

私、スマホアプリの「マギアレコード」は途中でリタイアしまして、なのでよくゲーム内のシステムと言うか、その手の話はよく分からないのですが、「ドッペル」なるものが存在するということは知っています。それは短いプレイ時間の間に何度かその文字を目にしたからです。ただそのドッペルというのがどういうものなのかはまったく分かりません。

どうしてこんな話を切り出したかと言えば、今月号の『まんがタイムきららフォワード』にそのドッペルらしきものが出てきたからなんですね。便宜上「ドッペルらしきもの」を「ドッペル」とします。

f:id:Mr_No_Name:20191227000447p:image

ドッペルが出る前、環(たまき)のソウルジェムは穢れきる一歩手前の状態で、ドッペルが出た後はその穢れは一切取り除かれていました。

私のまどマギ知識は半端と言うかあやふやなのでいくつか確認に意を込めて書いておきますが、確か魔女は全員が倒されたときにグリーフシードを落とすわけではなくある程度成長しないと出ないんですよね。そのグリーフシードでしかソウルジェムの穢れは取り除けない。そしてキュウベエの言った通り、「ゆくゆく魔女になる少女を魔法少女」と言うのならその魔法少女が魔女になった時、きっと倒されたら間違いなくグリーフシードを落とすはずですよね。魔女として成った存在なんだから。それに環が出したドッペルは間違いなく魔女なんでしょう。歴戦の魔法少女巴マミがそう言ってるならそうなんでしょ。

これらのことを合わせて私なりにドッペルなるものを考えてみると使役できる魔女と結論付ける事が出来ました。順序だてて説明すると、

  1. 魔法少女(ここでは環)のソウルジェムが概ね穢れる。
  2. 何かの拍子に魔女(=ドッペル)が現れる。
  3. ドッペルが敵の魔女を倒す。
  4. 後にドッペル自然消滅。その時にグリーフシードが生成。
  5. そのグリーフシードでソウルジェムの穢れを浄化

みたいな。

ゲームやってりゃ普通に分かることなんでしょうが、私はさらさらやる気はないのでこのまま漫画の連載速度で物語を追っていきたいと思います。

マギレコは肌に合わなかったんだよなぁ、ガチャの悪質っぷりが…。