【フォワード10月号】モラルハザード、漫画の端的な感想、そしてキャラクターのトンだ女の子はカワイイんだなって話【先輩を追い出す方法についての研究】

 

 

 

 

 

21年10月号『まんがタイムきららフォワード

f:id:Mr_No_Name:20210830144519p:image

また別の機会に書きますがキャラットでは「NEW GAME!」が終わり、フォワードでははっきりと「がっこうぐらし!」が終わりましたよ。

歴史の転換期にいるような気がしています。

 

先輩、ちょっといいですか?

f:id:Mr_No_Name:20210830144525j:image

この漫画の主題というか、作者が読者に読ませたいのは世間知らずのお嬢様が人には聞きづらいであろうことを先輩に聞く、その問答だと思うんです。

でも私は最近、そんな問答よりもモラルが崩壊していく1年C組の方が気になって仕方がありません。

f:id:Mr_No_Name:20210830144528j:image

共学の教室でそんな話堂々としてんじゃねぇよ。

縛りプレイとかもやってんじゃないのかな。

これからのモラルハザードに期待。

 

さよなら幽霊ちゃん

f:id:Mr_No_Name:20210830150234j:image

めぐの部屋に飾られたポスター。

f:id:Mr_No_Name:20210830150306j:image

見てたら「日常」に出てくるサメポスターが頭をちらほら。

f:id:Mr_No_Name:20210830150315j:image

ゆるめに描かれているキャラは確かにどこかあらゐけいいちっぽさがあるような気がしないでもないです。

f:id:Mr_No_Name:20210830150329j:image

今月号ではゆうの過去に触れてきましたがそれはひとまず置き。

 

きららに載るゲスト作って基本的に心底つまんねぇなって思うような漫画って無いんですけれど極々たまぁ~にそういう漫画が載ることがあるんです。

「JKだって落語がしたいっ!」だとか「ライフハック」だとか「きゃんでぃ!」だとか。

特に「きゃんでぃ!」なんて殺意を覚えるほどに面白い要素が無かったわけで、そういう漫画の感想を書きたくなるときがあるのです。

この怒りを形にしておきたいと。

そんな時、

f:id:Mr_No_Name:20210830150418j:image

こんな感じでざっくりまとめられたらいいんですけどね。

性格上「面白くない」のならなにがどう「面白くない」のかを文字にしたいのです。

そうなるとこうなるんですね。

f:id:Mr_No_Name:20210830150430j:image

豊かな語彙力が欲しいところです。

それはそうと「さよなら幽霊ちゃん」のこういうシンプルで破壊力のあるセリフっていいですよね。

 

先輩を追い出す方法についての研究

f:id:Mr_No_Name:20210830150443j:image

生物部部室を神聖な部室とする生き物大好き1年”鈴木”が

f:id:Mr_No_Name:20210830153225j:image

生物部をキノコ部に様変わりさせたキノコ先輩”べにこ”

f:id:Mr_No_Name:20210830153228j:image

を部室から追い出そうと奮闘するこの漫画。

多分ラブコメかと思われるのですが読んでてちょっと腑に落ちない部分があったのでその部分を書きながら整理していこうかと。

気になった部分のあらすじを書いておきますと、

食べた人が恋に落ちると噂の”コイガサタケ”を実食するという実験をやることとなった鈴木とべにこ。

ただの人体実験に鈴木は拒否し帰宅しようとするもべにこにコイガサダケを口にねじ込まれ不本意ながらキノコを食べてしまう。

この時、過去に「鈴木に惚れられたらキモくね?」と同じクラスの女子に噂されていたことを思い出し、自分がべにこ惚れたフリをすれば部室を出ていくのではと閃く自虐鈴木。

引くことを前提に全力で告白した鈴木に対しまんざらでもない様子のべにこ。

ここで実は鈴木が喰わされたキノコはただの変な模様入りのキノコで特殊な効果など無いことが判明。

「それでも私のこと好きになっちゃったの・・・?」と問い詰められた鈴木は部室から逃走。

その後にべにこが放った一言。

「実験失敗・・・しちゃったよ・・・」

f:id:Mr_No_Name:20210830153246j:image

この一言がよく分からない。

まずべにこがやりたかった実験は一体何なのかというところから詰めていかなければなりません。

行動としては”鈴木にコイガサタケ”食べさせること”です。

本当にコイガサタケなるキノコに人を惚れさせる効果があるのだとすればこのキノコを鈴木に食べさせようとした時点で考えられる、べにこが欲していた実験結果は、

  1. 本当にコイガサタケに噂されるような効果があるのかを見たかった
  2. 鈴木に惚れて欲しかった

のどちらかになるかと思います。

で、実験の途中で鈴木が食べたキノコがただのカラフルなキノコであることが判明しました。

この時点で実験目的が1でも2でもそれは失敗となります。

でもこの一言を残した時のべにこの表情から察するに多分実験の主の目的は2ですよね。

そもそも好意の無い相手にそんな媚薬みたいなキノコ食わせないでしょう。

だとしたら鈴木から告白された時点で成功と言っていいのでは?と思うのです。

鈴木はべにこに対し”カワイイ””ホレマシタ””ダイスキ”とは言いましたが”キライダ”とは言っていませんから。

 

なんかね、書いてて思ったのが多分これは私の男女間の恋愛の興味の無さがそのまま表れているような気がしました。

男女間の恋愛に興味はありませんが、それでもこの漫画を読んでて結構ドキドキしていたのでこの漫画は良い漫画なんだと思います。

分かりやすくべにこがかわいい子だからですかね。

 

ちなみに。

べにこを教室から追い出したければ人前でべにこを押し倒せばいいと思います

その場合べにこが部室から追い出せず、鈴木が学校から追い出される可能性もありますが。