【MAX4月号】「うちのババアしか勝たん!」と【読切・ゲスト感想】

最近ブログの方サボり過ぎよ?

以下が目次です。

 

 

 

 

 

22年4月号『まんがタイムきららMAX

f:id:Mr_No_Name:20220228201556j:image

今月号から連載が始まった「私、異世界で(ry」。

これまで表紙でタイトルが載っているだけでここまで目を引く作品はきっと他にはなかったはず。

というか1つの作品で占領していい面積じゃなくね?

自己主張凄いわぁ。

 

うちのババアしか勝たん!

f:id:Mr_No_Name:20220228201610j:image

きららMAX初登場、ということは他のきららには載ったことがあるのでしょうか。

確かに見覚えがあるような、ないような、そんなペンネーム。

とりあえず最初に感想を述べておくと、

面白いんだけど細かいところで引っかかる所多々。

そんな感じ。

この漫画は一応分類としては転生モノにあたるんだろうなぁと思います。

いくつかの転生モノを読んできて、私の中で大きく2種類に区分けがされています。

細かい説明は長くなるので省きますが、

転生することに意味がある作品

転生先の世界に意味がある作品

の2種類。

例えば今MAXで連載されている「白魔導士はゾンビの夢を見るか?」は後者タイプ。

こういう作品は転生モノと言われて想像できるような、登場人物が異世界へと転生するパターンがほとんどです。

逆に同じ世界に転生、というか輪廻転生寄りの転生モノが前者になります。

この漫画だと主人公「月見里 にこ」の祖母である「月見里 ウメ」がにこと同い年で転生している訳ですが、その理由は実際に読めば簡単に理解できることでしょう。

理由なんてこれくらい簡素で良いんです、きららなんだし

それに最初にこの辺の問題をクリアしちゃえば仮に連載が始まったとしても主要人物同士のジェネレーションギャップをネタにゴリ押せますし、空気系っぽい漫画にもできるのでたくさんの”遊び”ができます。

この辺の、今後の話の膨らませ方を考えられる余白がいくらでも残っているのが既に面白い。

多分作者的にも描きやすい漫画になるんじゃないのかな。

 

次に引っかかった場所を書いてきましょうか。

これは単純で、登場人物のセリフまわりに違和感が凄い。

例えばこの1コマ。

f:id:Mr_No_Name:20220228202012j:image

自己紹介するのは良いんだけどそこでわざわざ自分の年齢を言う必要あります?

あとはこの2コマね。

f:id:Mr_No_Name:20220228202015j:image

長命酒=養命酒として、現世に養命酒を「ドリンク」という80代います?

多分20代だってそうは言わないぜ?

もっと言動に年寄臭さが欲しいんですけどねぇ。

じゃないとこの漫画のうま味が引っ込んじゃうよ?

 

まとめ

SAN値直葬!闇バイト」が連載化するとは思わなかったなぁ。

カラーページ見てなんかちょっと納得した。

水彩画で塗ったような感じ。

あと「ホレンテ島の魔法使い」が最終回・・・。

まあ・・・仕方ない、のかな。