【バンドリ】現状のSwitch版バンドリの個人的にイライラするポイントをまとめてみた【最悪の可能性】

f:id:Mr_No_Name:20211015220454p:plain

Switch版バンドリについて辛口意見を上げてみました。

以下目次です。

続きを読む

【まどマギ】これが二次創作における1つの”解”と信じて疑わない漫画【まどか☆えんがわ】

 

 

 

 

 

動画先行


www.youtube.com

基本youtubeは自分が書いていて手ごたえを感じた記事を動画に起こして投稿しているのですが、今回はその逆のパターン。

人生の内の貴重な5分間を無に帰しても良いという寛大な方はどうぞこの動画をご覧ください。

記事の中身と動画はほとんど変わりませんが、多分動画の方が分かりやすい

 

二次創作って難しいよねって話


www.youtube.com

ザーッと投稿記録を見返してみるとそれなりの本数の動画を上げてきましたが、そんな動画の中でも文字通り桁違いに再生されているのがこちらの動画です。

作成・投稿した自分が言うのもなんですが、この動画がどうしてここまで再生されて言うのかまったく理解で出来ておりません。

そもそも今年がまどマギのアニバーサリーイヤーというのもあって関連動画を漁る人が多くいるといったところでしょうか。

長々と動画にしていますが、要するに言いたいのは、

元ネタを活かした二次創作って難しいよね

ってことです。

実はというか、そこまで二次創作自体に興味がない私なのですが、そんな私が繰り返し読んでいるまどマギの二次創作漫画をご紹介したいなぁと。

それがこちら。

 

まどか☆えんがわ

f:id:Mr_No_Name:20211011002929p:image

全3巻です。

程よい巻数。

今作の登場人物は本編と同様、

マミ

f:id:Mr_No_Name:20211011001852j:image

杏子

f:id:Mr_No_Name:20211011001904j:image

ほむら

f:id:Mr_No_Name:20211011001922j:image

さやか

f:id:Mr_No_Name:20211011002045j:image

そしてまどかの5人で、

f:id:Mr_No_Name:20211011002948j:image

彼女らが5人姉妹となっています。

また、魔法少女となれるのはまどか以外の4人であり、これもまあ本編と同様と言っていいでしょう。

彼女ら魔法少女が使う魔法も本編になぞらえています。

f:id:Mr_No_Name:20211011001950j:image

当然と言えば当然ですね。

 

コミカルに蘇る名言・名場面

まどマギの二次創作としてこの漫画の好きな主な点は、本編で名言や名場面と言われる、そうじてシーンとでも言いますか、これらを本編にある重さを完全に無視した、コミカルなシーンで登場しているところにあります。

例えば次の4コマ。

f:id:Mr_No_Name:20211011002356j:image

f:id:Mr_No_Name:20211011002359j:image

f:id:Mr_No_Name:20211011002418j:image

f:id:Mr_No_Name:20211011002426j:image

本編にて名場面・名セリフと言われるものは比較的重めのシーンでのものが多く、このセリフもそれに倣います。

本編の世界観は引き継げども本編のような憂鬱さというか、そういうシナリオ面での重さまで二次創作に引っ張ってくる必要はないと思っているので、これくらいコミカルに昇華してくれたら本編とのギャップもあいまって一層面白く感じます。

 

オリジナリティだって大切

二次創作をするにあたって、もちろん本編にある要素を組み込むことは大切になってきます。

しかし内容が100%本編に引っ張られていたらそもそもそれって二次創作と言っていいのか疑わしいですし、それを二次創作とするのなら二次創作作家は1人いれば十分事足ります。

あ、商業誌に限った話ですよ。

元ネタ活かしつつも作家の個性を出していく。

私が二次創作が難しいと考える最も大きな要因です。

それじゃあこの漫画はどうなのか、というと・・・。

f:id:Mr_No_Name:20211011002458j:image

f:id:Mr_No_Name:20211011002509j:image

f:id:Mr_No_Name:20211011002523j:image

f:id:Mr_No_Name:20211011002533j:image

 

爆発していますよね、オリジナリティ。

実際私はこの漫画を読んでからPAPAという作家が気になって仕方がありません。

ちょっと前に発売されたゆるキャン△のアンソロジー

f:id:Mr_No_Name:20211011002542j:image

あれだってPAPAが描いてるから買ったと言っても過言じゃないですからねマジで。

あとはマギアレポートなんかもそうですな。

f:id:Mr_No_Name:20211011002552j:image

とまあ一通り「まどか☆えんがわ」を例に私の理想的な二次創作について語ってきましたが、この漫画は単行本で全3巻と決して多くない巻数で完結していますし、芳文社の公式アプリ「comic FUZ」にて一応無料で頭から最後まで読めますので気になった方は是非に。

 

【キャラット7月8月号】タイトル通り古い漫画が新しい思い出になるとは・・・【古くて新しい思い出】

 

 

 

 

 

7月8月9月号『まんがタイムきららキャラット

f:id:Mr_No_Name:20211006183325j:image

やっぱり紙媒体って良いなって思った今日この頃。

もう2年以上前の7~9月号です。

1mrnoname.hatenablog.jp

この記事にも書いていますが、まさかタイトル通り古い漫画が私の新しい思い出になろうとは

 

古くて新しい思い出

f:id:Mr_No_Name:20211001163554j:plain

ふと思いつき読み返した19年7月号~9月号『まんがタイムきららキャラット』に載っていたゲスト作です。

この頃は特定の漫画読みたさに各きららを買っていたのでゲスト作はもちろん今も連載している作品も読んでいない方が多数でした。

そんなこともあり「RPG不動産」にしろ「Aチャンネル」にしろ、古い漫画でありながら新鮮な気持ちで読めたのですが、もし買って間もないころにもったいない精神から雑誌を頭から全部読んでいたとしたらもっと早期にきららという雑誌にのめり込んでいたのではないのかなと思える、そんな漫画でした。

 

19年7月号掲載『1話』

f:id:Mr_No_Name:20211006183026j:image

最初に感想を書いておくと、

最後の4コマを読むまで中身全然理解でっきな~い

って感じ。

というのも中身がチグハグだからですね。

どこがチグハグなのかを説明する前に軽く登場人物の説明を挟まなくてはいけないでしょう。

女子高生”宮ノ森 舞佳”に突如現れた天真爛漫女子高生”石神 えま”が友達になるべく積極的にアプローチをかける

といったもの。

で、どこがチグハグなのかと言えば、例えば作中ではデカめの遊園地と思われるデイジーランド内で携帯が圏外になっていたり、

f:id:Mr_No_Name:20211006183038j:image

スマホに対するリアクションが過剰だったり、

f:id:Mr_No_Name:20211006183042j:image

舞佳の言葉使いが明らかに一昔前のものだったり。

f:id:Mr_No_Name:20211006183047j:image

そもそも雑誌で見た、という理由で人の家に押しかけたり休日を抑えたりするのも破天荒すぎるでしょう。

 

結局オチの4コマから察するに、原因は今のところ不明ですが石神えまが25年前にタイムスリップしてしまった、というのがこの漫画の主題なのでしょう。

それで舞佳はえまの実母にあたる、と。

だったら急に押しかけるのも分からん話でもないし、なによりこの1コマのセリフ。

f:id:Mr_No_Name:20211006183058j:image

そのまんまの意味なんでしょうね。

最初はくだらねぇギャグ挟んできやがってとか思いましたけれど。

で、1話を読んだ時点で気になった部分が1つあって、それがえまの扱う現金。

ご存じかと思いますが日本の現金、というか紙幣は20年周期で刷新されています。

つまり25年前にタイムスリップしたとするならえまが持っているであろう紙幣はまだ世に流通していない紙幣となります。

要するに現金としての価値はないはずなのですが、その辺はどうクリアするのでしょうか。

その辺も注目しながら私は本の山の中から19年8月号キャラットを引っ張り出しました。

 

19年8月号掲載『2話』

f:id:Mr_No_Name:20211006183106j:image

こちらもまた先に感想を書いておくと、

やっぱり右肩下がりだったな

って感じ。

とにかく2話は全体を通してえまの母親が舞佳だってことが描ければそれで良いって感じが凄くて、オチがかなりおざなりな印象を受けました。

パンクブーブーの漫才的な。

だから具体的な感想は・・・ないかな・・・。

あと案の定というか分かり切っていたというか、通貨に関しての言及はなかったです。

 

今年末の大掃除に向けて大掃除をしている最中でちょこちょこ古いきららを読み返しています。

もしかしたらこんな作品を発見できるかも、と思えば大掃除にちょっとした楽しみが生まれたので、そういうテンションにしてくれただけでもこの漫画には感謝申し上げたい。

 

 

【徒然】当たり前だけど今と昔のきららはまったくの別物なんだなぁって話【古くて新しい思い出】

 

 

 

 

 

当たり前だけど今と昔のきららはまったくの別物なんだなぁって話

f:id:Mr_No_Name:20211001155849j:image

基本的に漫画を買う時は、きらら・MAX・百合姫を同時に、そしてキャラットフォワードを同時に買っています。

自分の都合のいい日にまとめて買っています。

月刊誌ってこの辺融通が利くから好きです。

それで何きっかけかは分かりませんが・・・。

昔「けいおんshuffle!」を読みたいあまりに初めて『まんがタイムきらら』を買ったころ。

そして何を考えてか他のきらら誌を買おうと思い立ち、公式ページで発売日を調べて発売日にこまめに

とらのあな池袋店に通っていた頃を思い出し、初めて買ったキャラットを引っ張り出してみました。

f:id:Mr_No_Name:20211001160127j:image

2019年5月に発売されたキャラットです。

だからアニメ「まちカドまぞく」放送前の本なんですね、開けてビックリ。

f:id:Mr_No_Name:20211001160132j:image

更にビックリしたのが目次。

以下の通り。

赤字の作品は現在のキャラットには掲載されていない作品です。

そりゃゲストは入れ替わりが激しいものだからしょうがないとして「Aチャンネル」も「アニメエール!」もこの号から連載が始まった「魔王の娘からは逃げられない」も今は連載終了しています。

ゲスト作に関してはもはや読んだ記憶すらないです。

この頃は普通にピンポイントで読んでいたので当たり前と言えば当たり前なのですが。

それでバーッとゲスト作を読んでみたのですが・・・。

「古くて新しい思い出」って漫画。

f:id:Mr_No_Name:20211001163554j:image

ナニコレ?

読み始め、登場人物のイレギュラーな事態への受け入れ能力の高さやそれからくるテンポの速さに驚きながら読んでいたのですが、オチにもまた驚き。

大分前に振り返れば名作漫画ガァー、みたいな記事を書いたのですが、

1mrnoname.hatenablog.jp

いやはや、思いもよらないことってあるんですね。

ふとした思い付きに感謝です。

というか初めて買ったキャラットに載っていた偶然に感謝。

シンプルに感想を書いてみたいと思ったので次はこの漫画の感想を書きます。

オチを読んだうえで読み返すと1コマ1コマに注目するべき点の多い、非常に面白い漫画です。

といっても現状3話の内の1話(追記全2話でした)しか読んでいないのでこの後評価が劇的に右肩下がりする可能性も捨てきれませんが

是非読んでみてください。

ってこれ読める人どれだけおるん?

 

【フォワード10月号】顔文字っていつになったら滅び去るんでしょうね?【どしたん?話聞コカσ^_^;】

 

 

 

 

 

21年10月号『まんがタイムきららフォワード

f:id:Mr_No_Name:20210927190113j:image

キャラットの発売日からこんばんは。

正直今月号のMAXは読んでてグッとくるものがなかったので感想はスルー。

来月号で「命短し善せよ乙女」が終わるって考えたらちょっと惜しいものを感じますけれど。

ってこれMAXの感想じゃん。

 

どしたん?話聞コカσ^_^;

f:id:Mr_No_Name:20210927224706j:image

これまで史上最高にメンドーなタイトルじゃないのかなと思います。

少なくともここまで打つのに苦労したタイトルはなかった。

2か月前の9月号で「ゾンギャル」と同作家の2本目のゲスト掲載作。

1mrnoname.hatenablog.jp

「ゾンギャル」といったらゾンビになってしまったこと以上に私欲を満たせることに満足できてしまう常軌を逸した女子高生の出てくる漫画です。

同作家の作品となればそれくらい吹っ飛んだキャラが出てくるんじゃないのかなと期待してしまうのも無理のない話なのでは?

しかし蓋を開けてみれば「ゾンギャル」登場人物よりもはるかに良識を備えた常識人たちによる、至極まっとうな漫画でした。

別に貶してはいないよ?

上京して3か月、依然友達のいない”くるむ”と引っ越し先で近所に住んでいたネット上に1年ほど付き合いのあるおじさん構文を多用する美女の皮を被った”たけお”の2人がオフ会に臨む、そういう漫画。

ちなみに「おじさん構文」という初見の単語を調べてみると、

中高年が若者に送るLINEで見かけることがある下心が垣間見れるキモイ文章

を指すそうです。

おじさん構文というのは前提としてキモイ文章なのだそう。

くるむはくるむでよくそんなヤツと1年間も付き合ってられたなぁとちょっと関心してみたり。

漫画だと日本人でも日本人離れした容姿をしている人は当たり間にいますし、それでも初めはおじさん構文を多用するこの美女、

f:id:Mr_No_Name:20210927224748j:image

最初は滅茶苦茶な方法で日本語を学んだ外国人なのかなとか思ったり。

出てくるカタカナがそれっぽく見えたんですよね。

f:id:Mr_No_Name:20210927224841j:image

”たけお”って名前もネット上の偽名としてみればありきたりですしね。

でも実際はコミュニティ能力がなく、人と面すると緊張のあまり言葉使いがおじさん化する純日本人でした。

f:id:Mr_No_Name:20210927224913j:image

要は互いに異なる事情で友達ができなかった2人がネット上だけでなく現実でも友達になるという、「ゾンギャル」に比べれば圧倒的に万人受けするであろう漫画となっています。

「ゾンギャル」が好評だったからこそのゲスト2本目なのにここまで堅実な漫画を描いたのは、こういう漫画も描けるんだぞというアピールなのか、より堅実に好評を獲りに行ったのか。

あと顔文字って結構昔から使われていますよね。

それこそガラケー時代からずーっと。

平成も終わり令和になったこの時代で未だにメーるなりSMSなりSNSで「σ^_^;」こういう顔文字使う人ってどれほどいるんでしょうか。

いつかは絶滅するのかな。

というか存在自体が古いからおじさん言語に組み込まれているのでしょうけれど。

 

しあわせ色ごはん

f:id:Mr_No_Name:20210927230850j:image

21年8月号からカレーに特化したグルメ漫画「すぱいしーでいず!」の連載が始まり、今月号にはガッツリ普通目のグルメ漫画がゲストとして登場しました。

正直内容については特に感想はなくて驚いたのがこのページ。

f:id:Mr_No_Name:20210927230656j:image

見て分かる通りこれはただのレシピで「鯛々定食レシピ」とは作中で実際に出てきた料理名です。

グルメ漫画なら作中に出てくる料理のレシピが出てくるのはまったく不思議じゃありません。

じゃ何に驚いたのかと言えばこのレシピ、漫画が終わった後に出てきたんです。

f:id:Mr_No_Name:20210927230710j:image

おわりって右下にちゃんと出た、その次のページに、

f:id:Mr_No_Name:20210927230656j:image

このレシピ。

普通料理漫画のレシピって漫画の途中に差し込むものなんじゃないの?

それこそ「すぱいしーでいず!」みたいに作りながら一緒にレシピを示すだとか、「クッキングパパ」みたいにそのページを別途設けるとか。

でも漫画が終わった後ってことは本来ならそこには別の何かが差し込まれるはずだったのでは?

大抵単行本の広告が差し込まれるスペースにレシピをもってきたのは何故に?

漫画の内容的に中身に入れられなかったとか?

でもそれならそれで別にレシピのっけなくても良くね? とは思います。

レシピが載っているからグルメ漫画になってしまうわけですから。

この辺は実際に描き手の思うところを聞いてみないと消化できないでしょうね。

そこまでレシピの掲載にこだわるなら本編にねじ込めよ。

 

正直スイッチ版バンドリ!どんな感じ?

f:id:Mr_No_Name:20210916235037j:plain

ガラッと話は変わりますが、最近ちょこちょこゆっくり動画作ってみたいなぁと思っていまして。


www.youtube.com

そのネタとしてスイッチ版バンドリなんか良いんじゃないのかなとか思うのです。

でも立場的には批判的であり、人並みに考えられるのなら批判ポイントは買う前から分かり切っていたことでもあります。

そんな当たり前のことをわざわざ動画にするのは意味あんのかな? とか思ったのですが、まあとりあえずこのブログのコンセプトは「継続は力なり」なんでね。

作り続けることに意味があると思い込み、動画を作ってみようかと、そういう日記的な記事でした。