23 20年1月号まんがタイムきららキャラット「キルミーベイベー」〜バカと天才は紙一重?〜

f:id:Mr_No_Name:20200227005346p:plain

11月27日「平沢唯生誕祭2019」にて再び「けいおん!」のすごさを思い知ったナナシです。私が買った誕生日記念グッズ数分後には売り切れていたよ。思い切りの良さって大切だよね。

f:id:Mr_No_Name:20191126092643j:plain

 

20年1月号『まんがタイムきららキャラット

f:id:Mr_No_Name:20191130101645j:image

今月号の一言は「そうだ、予防接種打とう。」 

f:id:Mr_No_Name:20191130101718j:image

インフルエンザのかな?

いよいよ「恋する小惑星」の放送開始が近づいてきましたね。まだ1か月先だけど12月なんてあっという間だよ師走だからね。

そして欲しくなるからあまり見ないようにしていた「まちカドまぞく」のBlu-ray&DVDの情報。ちょっと気になって見てみたら映像特典にショートアニメの「まちカドまぞく みに」だと? ほーら見るんじゃなかった、ゴッツ欲しくなったし

 

最新話 まちカドまぞく

1回の休載を経て、満を持して「まちカドまぞく」の最新話がー、と思っていたのですが・・・。

 確かに1回休載を挟むにしても変なタイミングだなぁ、とは思っていましたけどまさか体調を崩されていたとは・・・。体は資本ですから伊藤いづも先生にはご自愛していただき。

一方私は路頭に迷いました

まんがタイムきららフォワード』を買ったあたりから既に頭の中は「まちカドまぞく」一色だったため、上のツイートを見たとき「致し方なし」と思う反面「じゃあ何を糧に今月末を生きていけば」とも思ってしまいました。次回は12月末。いやあ、果てしなく長いぜ、12月。師走とは言え。

とにかくこの記事で書くことがなくなり、先月のようにピンチヒッターを用意する必要が出てきました。話の流れ的に「NEW GAME!」の感想を書くべきなのでしょうが今月号も2話掲載で正直まとめるのが面倒なのでまた別の作品を持ってきたいな、と。

そうやって白羽の矢が立ったのは・・・。

 

キルミーべーべー

f:id:Mr_No_Name:20191130101801j:image

そういえば「キルミーベイベー」も先月は休載していましたね。こちらは体調不良ではなく単行本作業故の休載です。最新11巻は1月27日発売

 

最新話「ペットになる方が今より幸せな人もいるんだ。」

ソーニャにペットを飼う事を進めるやすな。「生き物を飼うなんて無駄な事だ」と割り切るソーニャにやすなは生き物を飼う事のすばらしさを説きます。

f:id:Mr_No_Name:20191130101815j:image

実は先日拾った捨て猫を飼えない自分の代わりにソーニャに飼ってもらおうと画策していました。飼う気はないけど見るだけなら、とやすなの提案に乗ります。放課後。空き地(らしき場所)に移動し、ソーニャがそれと思しき箱を開けてみると中から猫ではなく蛇が。

f:id:Mr_No_Name:20191130101825j:image

猫と蛇の区別もつかなくなったのかと怪しむソーニャに説得力の欠ける反論をするやすな。

f:id:Mr_No_Name:20191130101836j:image

「それなら猫はどこに?」と問うソーニャの後ろを指さすやすな。そこには「ニャー」となく像が。

f:id:Mr_No_Name:20191130101840j:image

ちょっと脱線するけど最近のやすなの頭のねじのはずれ具合がサイコパスの領域に達しているような気がしてならない。最初の方はソーニャに殺し屋を廃業してもらおうとするタフネスな女子高生って感じだったような・・・?

ある程度の常識はわきまえていたような気がするのです。そう、こんな風に。

f:id:Mr_No_Name:20191130101853j:image

タフネスは超一流のままですけど。

f:id:Mr_No_Name:20191130101902j:image

多少の芸も出来るらしく、飼える事を強くプッシュするやすな。

f:id:Mr_No_Name:20191130101911j:image

これを見て「飼いたいなあ」と思う人はサハラ砂漠の中からゴビ砂漠の砂を見つけるよりも難しいでしょうね。

飼い主のあぎり登場。忍のペット「忍像」を飼っているなんてと驚くソーニャにこれは「忍像」ではなく「忍猫」だというあぎり。なんでもこの猫は特殊な忍術による訓練を受けていて肉体が変質した猫なんだそう。だから「ニャー」と鳴いたのです。質量保存何てしったこっちゃない。やすなの目は物の神髄を見抜くのでしょうか?

そして箱の中にいた蛇も実は特殊な訓練を受けていた犬でした。質量保存なんて(ry

f:id:Mr_No_Name:20191130101920j:image

 

やすなの異常性を説く

先々月号(19年11月号)の「キルミーベイベー」もそうでしたけどやすなの狂いっぷりはちょっと猟奇的なステージに行っていませんか?

f:id:Mr_No_Name:20191130102354j:image

まだ連載が始まる前のキャラ設定の段階ではやすなは比較的まともなキャラだったようですが別にいた没キャラの要素を吸収することによって「キルミーベイベー」のやすなが爆誕したのです。

だから生い立ち的には多分多少頭のねじが緩んでいるくらいがちょうど良いのかも。でも最近は緩みすぎなような気も・・・。

ただ物語の序盤作者からも主人公扱いされなかったキャラもいるくらいだし、もしかしたらこれがやすなの本性だったりして。もしくは長期連載の弊害だったりして。

 

メロンブックスin池袋

先日初めて柏店以外のメロンブックに行ったのですが、本の貯蔵量にびっくらしました。マジで柏店とは桁数が違うのでは。と思ったけど単に敷地面積の違いでしょう。ちなみに行ったのは池袋店です。めっちゃ道に迷った。

 

最近新たなリンクの貼り方を覚えました。ちなみに←のは「けいおん!」のブログ記事。随時更新中です。

出来る事がどんどん広がるね!