【フォワード7月号】これからの展開に期待のかかる「色んな女の子とキスをしていたら(以下略」と「ももいろモンタージュ」【読切・ゲスト感想】

ウマ娘ツインウエースが続々到着し始めたぞ。

以下が目次です。

 

 

 

 

 

22年7月号『まんがタイムきららフォワード

f:id:Mr_No_Name:20220601215018j:image

今月号がゲスト作に特段なにかを語りたくなるような作品が無かったために、新しめの作品について感想をぼちぼちと。

 

色んな女の子とキスをしていたら百合キスに目覚めてしまいました

f:id:Mr_No_Name:20220601215031j:image

先月号に続いて始まりました新連載でございます。

とりあえず読んでみた感想としては、

かゆいところに手が届かない

といったところでしょうか。

どうして口づけでなければ解呪できないのか。

どうしてリリエルは天使ながら落ちてきたのか。

といった、話の核心に関わる部分の説明が不十分な故の歯がゆさと言いますか、中途半端さと言いますか。

まあ新連載の1話目ですからね。

あと多分タイトルが今後の展開のおよそほとんどを示しているようにも思えますし。

重要なのはここからの展開です。

主人公の「東 楓音(あずま かのん)」も悲痛な経験をしたことが残念なくらい分かりやすく描かれていましたし。

 

ももいろモンタージュ

f:id:Mr_No_Name:20220601215043j:image

1話目のインパクトが絶大だった新連載の2話目でございます。

2話目を読んで私はよ~く理解できました。

この漫画は、漫画という形態で真剣にエロと美術をかけ合わせた作品と描こうとしているのだと。

私、美術をちゃんと学んだのは義務教育の範囲のみであり、マジでこの手の知識がないのですが、この漫画はそういう知識を存分に蓄えた人が読んだらどういう風に映るのでしょうか。

完全美術素人の私からすればこの漫画自体が絵を描く上での参考書にすらなりうるんじゃないのかしら? とすら思えるのですが・・・。

これからどのように美術とエロを繋げてくるのかにものすごく期待感が高まる2話目でございました。

 

まとめ

他の作品で言うとなんか数話前から風呂敷を畳み始めているように感じる「観音寺睡蓮の苦悩」とか「ちょっといっぱい!」とか、今後の展開が読みにくい「さよなら幽霊ちゃん」とか「最果てのともだち」とか、コンスタンスに毎話毎話印象的な話を描き続ける「先輩、ちょっといいですか?」とか。

やはりフォワードは粒ぞろいという印象が強いですねぇ。